日本人のインドネシア就職に使える人材紹介会社リスト

特に多いインドネシアでの職種、製造業の技術教育、調理師

インドネシアにはたくさんの日系企業が進出しています。その中でも特に多いのが製造業を営んでいる企業です。
 
自動車やオートバイ、工場製品、さらには電子・電気関係の製品工場が多く、実際に現場で働くのは現地のインドネシア人の従業員たちです。
 
そこで日本人が任される業務内容というのは、製品管理や従業員への教育などです。
 
そのため、今まで長年製造業を経験してきて知識も豊富だったり、高いスキルを持っていたり、ポジションを与えられていたような年長の人が選ばれることも多いのです。
 
日本とは違って、転職の際に逆に50代、60代のベテランの力が求められるのも海外での仕事だからこそといえるでしょう。
 
その他にも、日本人である特性を活かせる職種としては、お寿司屋さんや日本食レストランなどでの仕事があります。この辺は他のアジアの国で共通してる気がします。
 
インドネシアには、インドネシア人が経営している現地の方向けにアレンジされた和食のお店だけではなく、本格的な日本料理のお店もたくさんあります。
 
特に、日本人がたくさん居住しているようなエリアでしたら、日本と変わらないクオリティーの料理を提供しているところも珍しくありません。
 
インドネシアでは日本食ブームになっているので、本格的な味を求める現地の方も増えてきていて、やはり日本人が調理していることも重要なポイントになっているのです。
 
そのため、日本で調理師免許を持っている人はインドネシアでの飲食業求人では優遇されるでしょう。