日本人のインドネシア就職に使える人材紹介会社リスト

現地採用で就職し生活する、ジャカルタのアパート賃貸事情

インドネシアでの就職や転職をするとなると、どのような家に住むのかということも非常に重要になってきます。
 
住環境が良好で快適に過ごせることで、仕事も頑張ろうという気持ちが湧いてくるはずです。
 
まず、ジャカルタで仕事をする場合には、企業によっては社宅を提供してくれるケースもありますが、全体のおよそ二割程度と非常に少ないため、ほとんどの場合は自分自身で入居先を探すことになるでしょう。
 
日本人を含め、ジャカルタで仕事をしている方の多くは「コス」と呼ばれる単身用のサービスアパートに居住するスタイルです。
 
値段は日本円で大体30,000円前後のものから、60,000円前後が一般的です。
 
もちろん、値段が高ければ高いほどに部屋の中の設備が充実していたり、セキュリティーがしっかりしていたりなど、まるで高級ホテルの一室とも言えるほどのコスもあるのです。
 
入居者はビジネスでインドネシアに滞在している外国人や、インドネシア人富裕層の若者が多いので、治安が良いというのも有り難いでしょう。
 
また、入り口には24時間体制で守衛さんが門番をしてくれているので、安心です。
 
単身者向けなので、部屋自体は大きくはありませんが、ベッドや机・椅子、エアコン、テレビなどの必要な家具家電は揃っていますし、インターネットも使い放題、水道光熱費込み、駐車場付き、洗濯やアイロンがけのサービスがついていたりするところも多いので、一人暮らしでもとても快適に過ごせるはずです。